PAGE
TOP
PAGE
TOP

メニューはこちら

森村学園とは

校長メッセージ

「森村学園の未来志向型教育の実践」

ますますの多様性とグローバル人財の台頭は10年後の2030年の社会変化の中枢をなすものです。森村学園の建学の精神「独立自営」は100年以上前にその社会変化を見据えていました。校訓「正直・親切・勤勉」は「人徳を備え、自らの力で人生を切り拓き、世界の力、社会の力となる人材の育成」の行動指針となっています。今、忘れられがちな「人徳」も大切な要素になっていることを忘れないでください。未来志向型教育とは「今後の社会で幸せに生きていって欲しい」という願いのもとにできています。校訓はみなさんが愛に満ちた社会を作ろうとするときの合言葉です。それらの合言葉を胸に、社会に対応できる、「学び続ける力」を身につけて欲しいのです。
本学園の創立者である実業家・森村市左衛門先生は現代を、さらには未来を見据え、どんな状況でも自分で考えて課題を解決でき、自らの道を切り拓いていき、未来を託せる生徒の育成を目指したのです。森村学園の未来志向型教育の真髄が息づいている理由がそこにあります。

WEB校長室はこちら

中等部・高等部 校長
江川 昭夫

中等部・高等部 校長 江川 昭夫
中等部・高等部 校長
江川 昭夫
WEB校長室はこちら