PAGE
TOP
PAGE
TOP

メニューはこちら

校長 江川 昭夫からのメッセージ
WEB校長室

2020.11.21 WEB校長室

校長メッセージ【第30回】『「コロナ禍の試行錯誤」が人をつくる』

みなさん、こんにちは。校長の江川です。

コロナ禍の中、感染拡大が騒がれています。ここでもう一度、安全対策の原点に戻って、確認させてください。

TVのワイドショーにもよく出演されておられる日本医科大学の北村義浩特任教授(感染学)が次のようなことを述べられている記事を11月20日付のヤフーニュースから見つけました。(特にご家庭でご注意いただきたい部分に下線を引きました。

【コロナ第3波に「3密回避」だけでは不十分、本当の危険スポット 経済回しながら感染拡大の抑制、家庭で徹底自衛が重要】…

経済を回しながら感染を抑制するには個々の自衛策が重要になってくるが、感染経路が不明なケースも増えており、接待を伴う飲食店でのクラスター潰しや、「3密回避」といった手法だけでは不十分になっているというのだ。

 北村氏は「『夜の街』への注意喚起や、『3密回避』は本来、感染経路から割り出された対応策に過ぎない。実際に感染が起きている危険な場所を把握できていないのが現状だ」と指摘する。

 家庭内感染の増加も指摘されているが、くつろぎの場所である家の中で緊張感を保ち続けることは難しいし、大豪邸でもない限り家族が密になるのも避けられない。限界がある中で、これだけはやっておくべきだという対策は何か。

 「家庭内感染は防げない。しかし、高齢者や基礎疾患のある家族を感染から何とか守りたいなら、飛沫(ひまつ)感染は完全に防げないにせよ、手洗いと消毒は最低限必要だ」と語る北村氏。

 「『一緒の布団で寝る』『締め切った空間で30分以上会話する』ことは、可能な範囲で避けるべきだ。換気で窓を開けると風邪をひくリスクもあるので、部屋の面積の2倍程度に対応した最新のフィルター装備の空気清浄機を購入する手もある。高齢者と同居する世帯では、室内でも会話時にマスクをする必要があるだろう」

 飛沫感染だけでなく、接触感染を防ぐという原点に立ち返る必要もある。2月に多くの感染者や死者を出したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」でも、共用のトングなどを介して感染が広がった可能性も指摘された。

 「『ダイヤモンド・プリンセスを忘れるな』といわれ始めており、改めて接触感染を防ぐ必要がある」と北村氏。

 「トイレのドアノブ、階段や廊下の手すりなどは、家族で担当を決めてアルコールでふき取ったほうがいい」

 部署や同僚との飲食の機会も多い職場内では感染を防ぐためにも同様の注意が必要だ 北村氏は、「多くのテナントが入居するビルのエレベーターや共用スペースのソファなど、不特定多数が触れる場所は定期的に消毒すべきだ」とアドバイスした。

さて、2学期も11月25日(水)になると期末試験(12月9日(水)開始)2週間前になります。例年の2学期なら行事も実施され、勉学との両立と忙しい日々を送ったことが想像されます。たいへん残念なことだったと思われます。私は学校教育の中で「行事が人をつくる」という考えを持っています。「行事」の代わりに「コロナ禍の試行錯誤」の日々が続きます。思い出してみてください。行事の中で必ずしも上手くいくことばかりではないはずです。むしろ、つらく、失敗することの方が多いと思います。どう、上手くいったのか、どう、乗り越えたのか、どんな人が手を差し伸べてくれたのか、などを思い出しませんか?コロナ禍の試行錯誤も同じではないでしょうか?「上手くいった理由は何か、どう克服したのか、誰が助けてくれたのか」いつも頭に描いて欲しいものです。

この2週間を学習面で悔いのないようにしてください。期末試験開始までの2週間の使い方がみなさんの学習の今後を占うものだ、と思えば、ここで、ひとがんばりしてみようと決意を固めることが必要です。「コロナ禍の試行錯誤が人をつくる」と考えれば、「試験というハードルも人をつくる」としてとらえ、クラスのみんなと励まし合いながら一丸となって乗り切って欲しいと思います。

学習面で私がいつも口にすることです。勉強もわからないところは友達と教え合い、クラス全体の成績向上を目指してください。

Walt Disney Pictures “Toy Story” 映画「トイ・ストリー」の主題歌をご存じですか?

「君はともだち」https://youtu.be/x7kZsZIHotQ

この歌も聴くと元気が出ます。

本学園のモットーは、校訓「正直 親切 勤勉」、建学の精神は「独立自営」です。自分自身のことにままならない人もこの機会に学園のモットーを再確認して日々の生活に臨んでもらいたいと思います。

コロナ禍に加え、気候の変化が激しい今日この頃です。体調管理には充分留意してください。

森村学園中等部・高等部 校長 江川昭夫