森村学園について


創立者 森村市左衛門翁
 森村学園の創立者である森村市左衛門翁は、幕末から明治・大正期にかけて日本の経済界を支えてきた実業家です。今日にあっても、その功績はノリタケ、日本ガイシ、TOTOなど、さまざまな分野にわたる「森村グループ」諸企業の発展として生き続けています。
 翁はまた、次代を担う人材育成にも深く関心を持ち、慶應、早稲田などの諸大学や北里研究所などの研究機関に積極的な後援活動を実施。1901年の日本女子大学校(現日本女子大学)設立にも大きく貢献しました。そして晩年を迎えた1910年、「花をつくるより人をつくろう」との決意のもと、自宅の庭に自らが理想とする幼稚園と小学校を新設しました。これが森村学園の始まりです。
 以来、私たちはその理想を守り育て続けてきました。「正直・親切・勤勉」をモットーに、つねに世の中のためになることを率先して行った翁の精神は、創立100周年を迎えた現在も、時代を超えて学園の伝統として息づいています。


森村学園のあゆみ

1839 創立者6代森村市左衛門生まれる(幼名は市太郎)。
1910 私立南高輪幼稚園開園、私立南高輪尋常小学校開校。
1911 各学年に英語科を設置。小学校校舎竣工。
1912 ピアノ科を設置。
1919 市左衛門死去。
嗣子開作(7代目市左衛門)が園長・校長に就任。
1929 小学校新校舎を芝区高輪南町55番地に新築起工する。
1935 創立25周年祝賀式、「創立25周年記念帳」を編纂。
1940 小学校第1学年に総合教育を行う。創立30周年記念式典。
1941 国民学校令により、森村初等学校と改称。
森村高等女学校発足。財団法人森村学園設立、認可。
1948 森村学園幼稚園、初等科、中等科、高等科に、校名変更。
1951 財団法人を改組し、学校法人森村学園に。
1960 創立50周年記念祝賀式挙行。
1980 全学移転完了。プール建設工事竣工。
1987 海外英語研修プログラム開始。
1990 創立80周年記念式典。
2000 創立90周年。
2010 2010 創立100周年記念式典。100周年記念事業として中高等部校舎新築とグランド改修が完成。
サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー