スマートフォンサイトはこちら

森村学園 中等部 高等部

森村の教育
6年一貫教育
中1・2の学び
中3・高1の学び
高2・高3の学び
  • 説明会・公開行事等の情報はこちら

中1・2の学び

「やっぱり毎日机に向かわないとね!」 育てたいのは、継続する強い意志。

学習机がだんだん遠くなる?
これは中学受験直後によく起こりがちなことです。しかし低学年は、学習習慣を確立させていくために逃してはならない好機。そこで今後6年間の勉強継続姿勢を養い、確固とした学力の基礎を培うために森村学園が実践しているのが「家庭学習の記録」という冊子作りです。
中等部1年生は、冊子に「昨日はこういう勉強をこれだけの時間しました」と毎日記録して担任に提出。担任はそれをチェックし返却します。生徒と担任のこうした毎日のキャッチボールの中から、生徒は自分の学習スタイルを見つけ、担任は一人ひとりの生徒の学習スタイルをより正確に把握し、その後の指導に役立てています。

カリキュラム

基礎力の育成

レポート学習

自分の眼・耳・足で実社会を取材し、貴重な学びを獲得
教科書に書かれていないことを、自分で調べ、知識として養い、考える力を育む学習を、社会科の授業の一環として実施しています。夏休みには「第一次産業レポート」が課題に出され、農業、漁業、林業などについて調べ、理解を深めます。調査、アポイントメント、取材をすべて自力で行い、広い視野を養う森村 学園伝統のレポート学習のスタイルです。

英語教育

「たたき込む学習」で、たくさん学び、体で覚える
英語学習の初期は、徹底的に音読し反復練習を積み重ね、英語力の土台をつくります。「授業用ノート」「問題集用ノート」「筆写用ノート」の3冊のノートを用意。3冊をフルに活用させ、たたき込む学習で本物の英語力を体得させています。使用教材はBirdlandです。

声をかけてくれる友達がいるから楽しい!
みんなで過ごすこれからの6年間が楽しみです。【石野光嗣君】

小学校を卒業し森村に入学した際は、最初はとても不安な気持ちでした。でも、初等部から進学してきた人たちが明るく話しやすく、すぐに仲良くなれました。受験で入ってきたみんなも同じような雰囲気。オープンスクールで感じた親しみやすさは、間違いなかった!コンピューター体験で操作がわからなくて困っていたときに、在校生の方から「何かわからないの?」って声をかけてくれたんです。ここでは、すぐに声をかけ合うがあたり前だから、不安も心配もなく学校生活が送れると思います。部活も勉強もしっかりやって、もっと仲間を増やしていきたいです。

ページトップへ戻る

【森村学園 中等部 高等部】〒226-0026 神奈川県横浜市緑区長津田町2695 TEL:045-984-2505 Copyrights(c)2010Morimura Gakuen Junior High School