スマートフォンサイトはこちら

森村学園 中等部 高等部

森村の教育
6年一貫教育
中1・2の学び
中3・高1の学び
高2・高3の学び
  • 説明会・公開行事等の情報はこちら

高2・高3の学び

「これが進むべき路!と自信をもっていえる」
 結実させたいのは目標に向かう力。

高等部2年から「文系コース」「理系コース」に分かれ、同じ方向をめざす仲間と共に、助け合い刺激しあい励ましあいながら、大学受験に向かいます。文・理いずれのコースも全員がセンター試験を受けることを前提としており、5教科7科目受験に対応したカリキュラムが組まれています。高等部3年になると、より細分化した選択科目が用意され、密度の濃い演習授業で確実な学力をつけていきます。高等部2・3年は進学に的をしぼりながらも、森村学園は一生を通じて役立つ学力をつけることを大切にしています。「グローバルな知力が求められる時代」にふさわしい実力を養成していくカリキュラムで勉強を進めていきます。

カリキュラム

夢の実現に向かって

2コマ連続授業

フレキシブルな授業形態で効果的学習を実現
授業は原則1コマ50分ですが、上級生になるにつれ必要に応じて2コマを連続させてフレキシブルに対応しています。たとえば理系コースの生徒が実験を行うときなどは、110分を有効に使った学習が可能です。
高等部3年になると、演習のほとんどが2コマ授業となり、解説に十分な時間を使い、充実した内容で入試への実力を蓄えていきます。

補習・補講

生徒それぞれに対応した補習・補講授業
それぞれの生徒の進路に応じて、また、それぞれの生徒の習熟度に応じて、不足するところを補い、あるいは更なる進化を目指して補習・補講授業は実施されます。
森村学園の補習・補講授業の特徴は原則としてシラバスとリンクした「年間計画」に従って進められているところ。補習・補講授業だけが一人歩きをするのではなく授業と手を組み、しっかりスクラムを組んで進んでいくことによって、真の学力を育成していきます。

森村学園の豊かな自然が、僕が続けるキノコの研究を支えています。【山田宗樹君】

当時は小さくて覚えていないけれど、初等部に入学する前に、「緑が多いからこの学校がいい」と自分で森村を選んだのだそうです。確かに小さい頃から自然が好きで、学園の緑豊かな敷地のおかげで好奇心を伸ばせたと思います。未知の部分が多いキノコに興味があり、科学部の部長として昨年の文化祭では「学園内の菌類調査」をテーマにキノコの種類を調べました。今はそれをより深めて、キノコと樹木との共生について研究しています。何かに打ち込めば先生も友達もそれを個性として認め、尊重してくれる。そんな恵まれた環境で、大学でも研究を続けられるよう最後の一年間を頑張りたいです。

ページトップへ戻る

【森村学園 中等部 高等部】〒226-0026 神奈川県横浜市緑区長津田町2695 TEL:045-984-2505 Copyrights(c)2010Morimura Gakuen Junior High School